top of page
検索

スマートパーセルキャビネットの開発における問題点と解決策



スマートパーセルキャビネットの開発における問題点は、以下の通りです。


1.投資・メンテナンスコストが高い


スマート宅配便ロッカーの利用により、受取人はより自由に商品を受け取ることができるようになり、宅配業者の配送効率は大幅に向上しますが、運用プロセス全体では多くのコストがかかります。しかし、運用プロセス全体では多くのコストがかかります。例えば、建設コスト、立地選定コスト、運用コスト、広報コスト、メンテナンスコストなどです。まず、急行キャビネットを構築する過程で、急行キャビネットのブランドのどのような種類を選択すると、ブランドのアフターセールス保護、費用対効果の高い選択するために、安いキャビネットのどの種類ではなく、キーである。そうでなければ、後発のエクスプレスキャビネットの損傷やメンテナンスは、大きな支出になります。第二は、どの地域に宅配ボックスを置きたいか、地域と合意に達することができるかなど、サイト選択のコストで、すべて現地調査に行く必要があり、人的、物的資源を要する。箱、ホスト、箱の監視など、設備固定費もかかります。運用の過程では、ユーザーへのSMSメッセージの送信費用、ネットワークの費用、ボックスの運用に必要な電気代なども含まれる。維持費には、筐体の修理やメンテナンスが含まれる。


2.悪いユーザー体験


しかし、宅配便ロッカーが徐々に様々な問題を抱えるようになると、ユーザーの体感温度は急激に下がり、多くのユーザーが宅配便ロッカーを利用しなくなる。


主な問題点は、機器のメンテナンスがタイムリーに行われないことです。例えば、あるユーザーが宅配便を受け取りに行くと、端末の画面が何も表示されず真っ白になっており、結果的に宅配便を受け取ることができなかったということがあります。マニュアルサービスの電話には誰も出ず、翌日まで対応せず、白い画面の問題は数日経っても修理されず、スマート宅配ロッカーのサービスがまだ多少遅れていることが反映されている。


収納スペースの設計に無理がある。スマート宅配便ロッカーはサイズに制限があり、一部の大きな荷物が収納できない。収納キャビネットの容量が限られている。需要に応えられない。例えば、販売促進期間中は荷物が多く、エクスプレスキャビネットでは入りきらないはずなので、ランダムに溜まる現象が発生します。また、責任の問題もあります。荷物が破損したり紛失したりした場合、誰がその責任を負うのでしょうか。スマート宅配便ロッカーの使用過程では、ユーザーと宅配業者はインターネットプラットフォームを通じて連絡を取るだけで、全過程で会う必要はありません。従って、一旦配送に問題が発生すると、例えば、配送物の置き忘れ、配送物の紛失、配送物の破損など、誰が責任を負うのか調査が難しく、権利と責任が明確でないため、厄介なことになり、ユーザーのスマートパーセルロッカーに対する経験も低下してしまうのです。


スマート宅配ボックスの開発に向けたソリューション。


1.エクスプレスキャビネットの設計を最適化する


エクスプレス・キャビネットの設計とアップグレードのための設備投資を増加させる。エクスプレス・キャビネットを設計する際には、まず市場調査やユーザー調査を行い、国民が本当に必要としているものを理解し、人々の受け取り効率を向上させることができ、真に実用的なエクスプレス・キャビネットを設計する必要があります。限られたスペースを有効活用するさまざまなジャンルの商品に対応できる収納キャビネットの開発を加速させる。例えば、海産物、持ち帰り、花など、特別な保管が必要なもの。課金面では、モバイルモバイル決済、代金引換などに対応するため、さまざまな決済チャネルを採用する。


2.ビジネスモデルの位置づけの明確化


スマートパーセルキャビネットは、ソフトウェアとハードウェアの組み合わせによる製品である。キャビネットはハードウェアの基本構成です。ソフトウェアには、WeChatアプレット、公式アカウント、モバイルAPPなどが含まれる。しかし、既存企業では、ソフトウェアの開発・活用が十分ではありません。スマート宅配便の付加価値をいかに高めるか、ビジネスモデルの転換・高度化が、今後のスマート宅配便の発展の焦点になっている。他の速達会社やEコマース会社などの相互接続企業との戦略的な協業を行い、他のサービス分野の拡大を続けてみるのもよいでしょう。スマート宅配ロッカーは主にコミュニティやオフィスビルに配備され、コミュニティサービスを精力的に行い、決済やチャージ、問い合わせなどユーザーの生活に密着した機能を開発し、オフラインのスマート宅配ロッカーの物理機能を最大限に活用して便利な生活サービスの星になる製品です。


3.コストコントロール施策の実施


スマート宅配便ロッカーのコストコントロールは、単に企業内にとどまることはできない。企業の戦略的目標を組み合わせ、企業の外部環境の変化に注意を払い、戦略的なコスト管理システムを構築する必要がある。鳳蝶のスマート宅配便は、現在の直販モデルをフランチャイジーモデルに変更し、スマート宅配便の生産、組立、輸送など顧客レベルの業務に関わらない業務をフランチャイジーに引き渡し、会社は製品設計、会場選定などの提供に専念することができます。住所、プラットフォームサービスなどの顧客向け業務分野を提供し、インテリジェント型エクスプレスキャビネット企業の長所と特徴を十分に発揮させ、不要なコストをフランチャイジーに移管する。速達サービスは全国に広がっているため、スマート宅配キャビネットの場所を合理的に選択することは、企業のコストを削減するだけでなく、速達キャビネットの不合理な分布による不必要な経費を削減し、インテリジェント速達キャビネットの利用効率も向上させることができるのです。


4.エクスプレスキャビネットの設備メンテナンスのサービス品質を向上させる


速達キャビネットは24時間体制でユーザーにサービスを提供しているため、専門的な顧客サービスチームの勤務時間もそれに合わせることをお勧めする。WeChat、電話、接客ロボットなどマルチチャンネルの専門接客チームを設立し、ユーザーの苦情を24時間受け付け、よくある問題を丁寧に解決することが必要である。例えば、夜10時に急行キャビネットが故障した場合、市民がWeChatや電話を通じて問題を報告した後、小型ロボットなどの知能システムを通じて、よくある問題を回答することができる。同時に、端末設備は専門の担当者が定期的にメンテナンスし、設備の正常かつ秩序ある運用を最大限確保する必要がある。


5.エクスプレスキャビネット機能の全面的なアップグレード


便利で安全、かつ高品質なサービスは、今後の端末流通に対する消費者の主な要求である。中国の速達ビジネスが絶え間なく成長し、中国が急速に発展する中、今後新たな激しい競争の中で、誰が目立つことができるかは、より低いコストとより良いユーザー体験を持つかどうかにかかっています。また、これからの集荷サービスは、より専門的で豊富なサービス内容、より高度なビジネスモデルへと発展していくでしょう。したがって、大型自己集荷キャビネットの速度、容量、外観、スペース利用などのインテリジェント機能を総合的にアップグレードし、多様なエクスプレス保管、物品の一時保管、郵送などのサービスを必要とするすべてのユーザーに提供する必要がある。 サービスを提供し、物流の末端でのインテリジェント配送の能力を絶えず改善し、それによって物流業界全体の効率性を促進させるべきである。

閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page