• keronglock

スマートロックかデジタルロックか。あなたはどちらを選びますか?

スマートロックもデジタルロックも、従来の機械式ロックに比べて利便性が高いというメリットがあります。従来の鍵をスマートロックやデジタルロックに交換すれば、物理的な鍵をどこにでも持ち歩く必要がなくなります。

しかし、スマートロックとデジタルロックでは仕組みが少し異なるため、どちらを選ぶかは好みやニーズによって異なります。ここでは、その違いを理解し、どちらを選ぶべきかを判断するのに役立つクイックガイドをご紹介します。



はい。スマートロックとデジタルロックという言葉は同じように使われることが多いですが、少し違いがあります。デジタルロックが機能するためには、ロックとの物理的な相互作用や接近が必要です。

この物理的な相互作用のタイプは、ブランドによって異なります。

一方、スマートロックは、Wi-FiやBluetoothなどの無線移動体通信技術が組み込まれており、スマートフォンのアプリでロックにアクセスしたり、設定を変更したりすることができます。

迷わず、ただデジタルロックが欲しいと思います。



デジタルロックを購入する際には、まず、どのようなアクセスモード(侵入方法)を希望するかを考えます。

ブランドによっては、PINコード(キーパッドに暗証番号を入力する)、セキュリティトークン(RFIDカードなど)、生体認証(指紋、Bluetooth)によるアクセスモードがあります。

特に、物忘れの多い高齢者と同居している場合は、暗証番号だけのデジタルロックよりも、生体認証手段を備えたデジタルロックの方が便利だと感じるかもしれません。

ロッカーにデジタルロックを設置するかどうかは、購入するロックが異なるので決めておきましょう。

これはとても複雑なことです。では、どれを買えばいいのでしょうか?

物理的な鍵を持ち歩かない利便性だけを求めるなら、デジタルロックで十分です。利用できるアクセスモードや機能に応じて、さまざまな方法でロックを解除することができますし、ドアが閉まると自動的にロッカーに入れてくれるなどの便利な機能もあります。

スマートロックは、それよりも一歩進んで、スマートフォンを鍵として使いたい人向けです。定期的に来客があったり、パートタイムの清掃員が来たりする場合は、留守中でも家にアクセスできるスマートロックが便利です。

来訪者に提供するアクセス方法(通常はPINコード、または来訪者がアクセスに使用するのと同じアプリをダウンロードする)は、多くの場合1回限り、または設定した指定時間にしかアクセスできないようになっており、来訪者が家を離れると、同じアクセス方法を再び使用することはできません。

0 views0 comments