top of page
検索

バイオメトリック・ロックとは何か、どう機能するのか?

生体認証キャビネット・ロックやスマート・キャビネット・ロックは、指紋と暗証番号の組み合わせでキャビネットを解錠できる機器です。


バイオメトリック・キャビネット・ロックは、従来の鍵の代わりに個人を特定できる情報を使用します。熱式または光学式のスキャナーを使用して、ロッカーを開ける権限のある人の指紋を保存します。スキャナーは、あなたが権限のあるユーザーであると判断すると、ロッカーのロックを解除するための暗証番号の入力を促します。


バイオメトリック・ロックの仕組みは?


バイオメトリクスとは、身体的特徴を利用して人を識別する技術のことです。バイオメトリクス・スキャンは、かなり以前から存在していました。ほとんどの人は、スパイ映画で登場人物がドアを開けるために手や目をスキャンするシーンを見て、その存在をよく知っています。バイオメトリクスに使用される一般的な特徴は、指紋、網膜や虹彩の構造、顔認識、手の形状です。銃用金庫に使用されるバイオメトリクスで最も一般的なのは指紋で、銃のセキュリティコードのように模倣や盗難ができません。


バイオメトリック・ロックの潜在的な問題点


バイオメトリクスは、表面的には安全に見えるかもしれません。なにしろ、耳、目、指紋はあなただけのものですから。しかし、これは必ずしもパスワードよりも安全ではありません。パスワードは、基本的に自分しか知らないので、プライベートなものです。もちろん、ハッカーが総当たり攻撃やフィッシングでアクセスすることはできますが、一般的には人がアクセスすることはできません。一方、バイオメトリクスは本質的にパブリックなものです。何かを見るときには、必ず自分の目を公開します。指紋認証では、どこに行っても自分の指紋が残ります。音声認識では、誰かがあなたの声を録音しています。本質的に、これらのすべての識別子は簡単にアクセスできます。


バイオメトリクスは、ユーザーのアイデンティティの一部を明らかにするものであるため、これが盗まれると、法的文書、パスポート、犯罪記録などの偽造に使用され、盗まれたクレジットカード番号よりも大きな損害を与える可能性があります。

閲覧数:19回0件のコメント

Σχόλια


bottom of page