top of page
検索

ロータリーラッチとは?

ロータリーラッチは、ロック機構、アクチュエータ、ケーブルで構成されています。ボルトは通常、相手側のロック機構の反対側の部分に取り付けられます。作動時には、ロータリーラッチのカムまたはローターが回転または回旋します。スラムラッチに似たプッシュ・トゥ・クローズ機能を可能にするスプリングロード機構を備えている。


electronic rotary latch

ロータリーラッチは、鉄素材と亜鉛メッキで作られており、通常、重装備のドアやパネルに使用されます。その耐久性のある構造は、過酷な環境に非常に適しています。シンプルな操作機能と柔軟な駆動オプションにより、複数の取り付けにも容易に対応できます。


ロータリーラッチの特徴は、そのリモートドライブにあります。ケーブルでアクチュエータとロック機構を接続しています。これにより、アクチュエータをロータリーラッチから離しておくことが可能です。アクチュエータを引っ張るとローターが回転し、ラッチが解除されます。操作部は一方向にしか引っ張れません。そのため、ローターを元の位置に戻すには、スプリングを使った機構が必要です。


ロータリー・ロックには、シングル・ローターとダブル・ローターの2種類があります。シングルローターのロータリーラッチは、ドアを閉じておくという基本的な機能を提供します。ダブルローター・ロータリーラッチは、2つの隣接したミラーリングされたシングルローターを持っています。2つのローター固定ボルトがあるため、より剛性があります。ダブルロータータイプは、シングルロータータイプよりもキャッチ開口部が広くなっています。そのため、ミスアライメントに対してより寛容です。

閲覧数:38回0件のコメント

Comments


bottom of page