top of page
検索

指紋認証はパスワードより安全か?

現代社会では、指先さえ動かせればいいようです。携帯電話を数回タップするだけで、オンラインショッピングや請求書の支払い、地球の裏側にいる人と連絡を取ることさえできるのです。今、私たちの指はまったく新しい役割を担っています。指紋はパスワードに取って代わりつつあり、指紋ロックも流行りつつあります。考えてみてください。指を使うだけで、何も覚える必要がないのに、なぜパスワードを覚えているのでしょうか?また、指紋は同じ指紋を持つ人がいないため、より安全なように思えます。しかし、実際には、強力なパスワードの代わりに指紋認証を使うのは危険な場合があります。実は、どんな指紋よりも強力なパスワードの方がはるかに安全なのです。

指紋認証ロックの仕組みは?

ユーザーが指を何度もデバイスに置いて指紋を取得すると、デバイスは指紋の特徴を抽出し、指紋のより特徴的な特徴を記録し、強化します。その後、指紋の画像をバイナリコードに変換して暗号化し、デバイスがそれを識別して素早くユーザーの指と比較し、マッチングスコアを生成できるようにします。一致したスコアに応じて、システムはデバイスへのアクセスを許可または拒否する。

指紋ロックは本当に安全ですか?

指紋スキャナーは、無謬ではありません。指紋認証の最大の問題点は、本物の指と偽物の指を見分けられないことが多いことだ。もし誰かがユーザーの指紋、あるいは一般的に類似した指紋にアクセスできれば、偽の指を作り出し、スキャナーを騙すことができるかもしれません。

また、人は知らず知らずのうちに自分の指紋をどこにでも残してしまうものです。指紋はその人の一部であり、どうすることもできないのです。基本的には、どこに行くにもパスワードを付箋に書いているようなものです。誰でも、少し我慢すれば、あなたの指紋にアクセスできるのです。

指紋認証やバイオメトリクスが普及すればするほど、犯罪者は指紋を偽造しようとする動機を持つようになる。そして、指紋読取装置を簡単に偽装する方法はたくさんあるのです。

そこで、なぜコンビネーションロックを使わないのか。優秀で強力なパスワードは、指紋認証よりも安全です。

閲覧数:8回0件のコメント

Comments


bottom of page