top of page
検索

電気錠は幅広い用途に対応



時代は常に進歩し、発展しています。この急速な発展に対応するため、私たちの暮らしの中の大小さまざまなものがどんどん簡素化され、同時にインテリジェント化されてきています。


例えば、人件費を削減し、誰もが毎日の買い物を容易にするために、自動販売機が開発されました。また、誰もが通常食品を購入する時間を短縮するために、スマートパッケージロッカーが置かれ、調達、輸送、保管の現場に特別に設置された食品ロッカー、冷蔵生鮮食品ロッカー、外出時に携帯電話の電源が切れて困ることや、携帯電話に不便な時に、携帯電話充電ロッカーが特別設置されました。


そこで登場したのがKERONGの電気錠です。


また、電子制御のロックは鍵がなくても解錠できるため、鍵を持ち歩く必要があるという問題を解決します。制御ソフトがない場合は、電源投入による解錠と緊急時の機械式解錠の2種類があり、適切な制御ソフトを設定すれば、複数の解錠方法を実現でき、ワンタイム・パスワード(携帯電話認証コード)解錠、スワイプカードによる解錠、Bluetooth解錠、さらには携帯電話の遠隔解錠を実現することも可能です。


電気錠は、機械錠とスマートロックを組み合わせたもので、従来の機械錠に比べ、使用範囲が広く、さらに多機能である。これまで広く使われてきた上記の分野に加え、より多くの応用シーン(自転車シェアリング、傘シェアリング、スクーターバッテリーボックス)で使用することができ、プロジェクトの進行を解決し、前進させることができます。

閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page