top of page
検索

BluetoothロックとWi-Fiロック あなたはどちらを選びますか?



スマートホームが普及してきた今、従来の古い鍵に代わってスマートロックが徐々に普及してきました。スマートロックには、鍵を持ち歩く必要がない、セキュリティが高いなど、多くのメリットがあります。スマートロックには、Bluetoothロック、Wi-Fiロック、コンビネーションロックなど、さまざまな種類があります。ここでは、主にBluetoothロックとWi-Fiロックについて説明します。さて、BluetoothロックとWi-Fiロック、あなたはどちらを選びますか?


まず、スマートロックのメリットについてです。

  • キーレスエントリー。鍵は必要なく、キー・トークンをクリックすることで直接ドアを解錠できます。また、ドアに近づくとスマートロックがあなたの存在を検知し、ワイヤレスで解錠します。

  • リモートエントリー。この素晴らしいオプションは、距離に関係なく、自宅やビジネスを遠隔でロック・アンロックすることができます。鍵を忘れた人がいる場合や、不在時に予定されている配達がある場合、占有されている場合、従業員やベビーシッターなどの作業者が家に入ることを許可する場合などに便利です。リモートエントリーのオプションを使えば、遠方からでも自由に簡単に解錠することができます。

Bluetoothスマートロック VS. Wi-Fiスマートロック


Bluetooth Smart Lockのメリット

  • ハンズフリーオプション - Bluetooth Smart Lockは、センサーに近づくと人の存在を認識し、必死になってキーを探さなくても、一定の距離で自動的にドアをロック解除します。

  • 電池式オプション - 多くのBluetooth Smart Lockが電池式モデルに対応しているため、停電してもロックは作動します。

  • セキュリティ強化 - Bluetooth Smart Lockは、セキュリティトークンが近くにないと開けられないため、許可された人だけがドアを開けることができるという安心感があります。また、リモートアンロックや、特定の時間にしか解錠できないようにプログラムされた特別なキーを提供することで、リモートアクセスが可能になります。

Bluetooth Smart Lockのデメリット

  • バッテリーの消耗 - スマートフォンでBluetoothを連続して実行すると、バッテリーの消耗が激しくなります。スマートフォンのバッテリーが切れてしまうと、家から閉め出されてしまう可能性があります。

Wi-Fiスマートロックのメリット

  • リモートコントロール - Wi-fi接続があれば、どこにいても玄関の鍵を施錠・解錠することができます。

  • リモートアラート - Wi-fi対応のスマートロックは、ドアの施錠・解錠時にリアルタイムで警告を発します。来客や子供を監視したい方には最適です。

  • カスタマイズ可能なキーコード - 一定時間で失効したり、特定の時間にしか作動しないユニークなデジタルキーを誰かに提供することができます。

Wi-Fiスマートロックのデメリット

  • 停電の可能性 - Wi-fiスマートロックにバッテリー接続や実際の物理的な鍵がない限り、Wi-fiが切断されるとロックされたり、ドアがロックされたままになったりすることがあります。

  • 紛失した携帯電話のセキュリティリスク - 携帯電話を紛失した場合、携帯電話を見つけた人が自宅や会社に侵入する可能性があります。パスワードで携帯電話を保護しておけば、他人が端末を悪用することは難しくなりますので、日頃からパスワードを使う習慣をつけておくとよいでしょう。



閲覧数:5回0件のコメント

Comentários


bottom of page