top of page
検索

RFIDとNFCの違いについて



Radio Frequency Identification(RFID、電子タグ)、Near Field Communication(NFC)というキーワードがありますが、どちらもタグ付け技術(Tagging)に属します。本質的には、NFC は RFID と違いはなく、どちらも地理的に近接した 2 つの物体間で信号伝送を行うために使用されます。


RFID


RFIDは、主にモノに取り付けられたタグを識別・追跡し、モノの管理を可能にするために使用されます。また、本来は無線通信技術の一つで、無線電磁波によってデータを伝送する技術でもある。しかし、一般的な通信技術とは異なり、電話やメールの送信以外の目的で使用される。


RFIDシステムは、モノを識別するためにタグ(Tag)を使用します。RFIDシステムは、タグの他に、リーダー(Interrogator/Reader)と呼ばれる双方向無線トランシーバーを持ち、タグに信号を送り、タグのフィードバックを読み取ることができます。タグの識別可能な距離は変わりません。アクティブ型RFIDシステムとは、一般的にアクティブなRFIDタグを指し、電力の減少に伴い識別可能な距離も短くなります。



NFC


NFCは、現在の携帯電話では非常に一般的な通信インターフェースである。nfc技術はRFID技術から発展したもので、nfc規格では通信プロトコルに加え、データ交換フォーマットも規定されている。誘導型リーダー、誘導型カード、ポイントツーポイントを1つのNFCチップに搭載することで、近距離で対応機器との識別やデータ交換が可能になります。


NFCとRFIDの違い


  (1) 使用周波数帯


NFCは、13.56MHzの周波数帯を使用するRFID技術のサブセットと理解することができますが、RFIDには他の周波数帯も含まれます。

RFIDの動作帯域は、ローバンドの125KHz、ハイバンドの13.56MHz、UHF帯の433.92MHz、915MHz、マイクロ波帯の2.45GHzなど多数存在する。


  (2) コミュニケーション距離


NFCは近距離無線通信と呼ばれ、通信距離は0.1m以下と非常に近い。


RFIDには多くの種類があり、識別可能な距離も異なります。RFIDのアクセスカードと同様に、認識距離はNFCと同様です。しかし、ETCのようなアプリケーションシナリオでは、より長い認識距離が必要です。長距離のRFIDの識別距離は、数十メートルから数百メートルに達することもあります。


(3) アプリケーションシナリオ


RFIDは、アクティブまたはパッシブかどうか、主な仕事はまだオブジェクトの識別のために使用され、物流、交通、倉庫は広く商品を追跡するために使用されるRFID技術です。


NFC チップはより統合化され、リーダとタグが一体化されています。さらに、NFC の双方向通信能力も強化されています。つまり、NFC は識別のためのタグとしてだけでなく、データ交換のための双方向通信手段としても使用することができます。現在、NFC は決済分野で最も一般的に使用されています。


NFC技術については、QRコードが決済分野や近接型物体認証の分野で多くのシナリオでNFCの役割を果たせるとしても、NFCはまだスマートフォンに必要な通信インターフェースとは言えません。RFID技術をベースに開発されていますが、アプリケーションのシナリオが異なるため、相対的にはまだRFIDのアプリケーションシナリオの方がNFCよりはるかに多いのです。

閲覧数:5回0件のコメント

Yorumlar


bottom of page