top of page
検索

RFIDロックについて知っておくべきこと

私たちは毎日のようにRFID技術を利用していますが、時にはRFIDを知らないこともあります。例えば、公共交通機関を利用するとき、飛行機に乗るときにパスポートを使うとき、お店で支払いをするときなどです。



RFID技術の歴史を簡単に紹介しています。

1983年、アメリカの発明家チャールズ・ウォルトンは、RFID(Radio Frequency Identification)という言葉を使った最初の特許(米国特許)を取得しました。実際には多くの人がRFID技術の発明に貢献・協力しているが、チャールズ・ウォルトンはRFID関連機器の特許を10件取得した。


RFIDロックとは

RFIDとは、Radio Frequency Identificationの頭文字をとったものです。RFIDタグにコード化されたデジタルデータを、カードリーダーの電磁界で自動的に認識する非接触技術のことです。RFIDロックは、企業、病院、ホテル、寮、ジム、その他の商業施設で一般的に使用されているキーカードアクセスロックです。RFIDロッカーを例にとると、そのキー(通常はカードやフォブの形をしている)はタグである。


RFIDロックの動作原理

まず、キーカードのコードには、カードに含まれるRFIDチップのデータが含まれており、それをコンピュータシステムに接続します。錠前、キーカード、コンピュータシステムはすべて、無線周波数で送られる暗号化されたデータを使って連携しています。

カードを持って、錠前から一定の距離が離れると、この時にキーカードと錠前とコンピュータシステムが必要なデータを交換し、データが一致すればアクセスできるようになります。


RFIDロックのメリット

rfidキーカードは、メカニカルキーの代わりになるので、ロックに触れる必要がなく、メカニカルキーよりも便利です。RFIDキーカードは、従来のキーに比べてコピーが困難なため、RFIDロックはより安全です。また、RFIDロックは様々なドアや家具に取り付けることができ、様々なビジネスや用途での使用に適しています。

閲覧数:53回0件のコメント

Comentários


bottom of page