top of page
検索

125KHZと13.56MHZのスマートカードはどう違うのですか?

異なる周波数


1、125KHZ:低周波カードに属します。動作周波数帯域は30kHz~300kHzです。


2、13.56MHZ: 高周波カードに属する。動作周波数範囲は3MHz~30MHzです。


特性が異なる


1、125KHZ:カードチップは一般的に通常のCMOSプロセスを採用しており、省電力、安価という特徴がある。


2、13.56MHZ:データ転送速度が低周波より速く、あまり高価ではない。





さまざまなメリット


1、125KHZ: 動作周波数は、無線周波数制御によって拘束されることはありません。


2、13.56MHZ:この周波数の波長は、金属を除くほとんどの物質を通過することができますが、読み取り距離が短くなる傾向があります。タグは金属から4mm以上離す必要があり、いくつかの周波数帯で抗金属効果が向上する。



お問い合わせ

RFIDキャビネットロックソリューションについて詳しくお知りになりたいですか?電子メール (betty@kerong.hk) をお送りください。または、www.kerong.hk、参考資料やより詳細な情報をご確認ください。

あなたからのご連絡をお待ちしております!



閲覧数:8回0件のコメント

Comments


bottom of page